設備・環境・安全対策

子どもたち最優先の環境

子どもたちの感性が芽生える時期には、見るものさわるものすべてに対し、それらがどんな影響を与えるのかを考えなければなりません。
荒川こども園の保育室はじゅうぶんな広さを確保し、遊具は、安全性と清潔さに留意し、定期的に配置替えをして遊びの創造力を養うようにしています。
すべての安全な設備が子どもたちを包んでいます。

安全・防犯対策

警察との協力

子ども110番の家、防犯推進園として警察と密接に連絡網を確保。また、正門の門扉を二重にして安全をはかっています。

みまもるカメラ

安全管理のため正門に設置した監視カメラ。

交通安全教室

こどもたちが安全に通園できるように交通安全指導。

園庭の衛生管理

ブルーシート対策

プール、砂場は不純物の侵入から防護。

園庭の清掃

異物排除、美観確保を徹底した園庭。

建物について

建物は幼稚園部門と保育園部門で別れています。

保育園部門
保育園園舎

温かみのあるデザインと吹き抜けによる解放感により、こどもたちが落ち着ける空間になっています。

吹き抜けによる解放感
温かみのあるデザイン

ちいさなこどもたちの安全を考えた遊具

ちいさなこどもたちの安全を考えた遊具

こどもたちが安心して使えるトイレ

こどもたちが安心して使えるトイレ
幼稚園部門

天窓から柔らかな光が差し込むホール

季節を感じられる植物を玄関に飾っています。

みんなで花壇に花を植えます。

ハロウィンには本物のおおきなパンプキンでジャックオーランタンを作って飾ります。

野菜を育てて成長を観察します。

白組さんはあさがおを自分で育てて観察します。

園庭

こどもたちがのびのびと遊べる園庭

保育園部門の小さなこどもたちも遊びに来ます。

年少さんも逆上がりの練習。

屋上プール

開放的な屋上プール

大小さまざまなプールを用意。